fc2ブログ
ペット同行避難
朝夕と冷え込む季節になりましたが、皆様は
いかがお過ごしでしょうか

さて、横浜市獣医師会より【ペット同行避難】のお知らせが
届きましたので、ブログにも載せます

同行避難

現在、ペットを飼育している家庭も増えています。
地震や津波などで、避難しなくてはならなくなった時、
家で飼っている犬や猫などのペットをどうしよう
心配な飼い主さんも多いと思います。

横浜市獣医師会では、ペットの同行避難を呼びかけています。
ただし、人と同じ避難場所ではなく、ペットの一時避難場所で
飼い主さん同士がお世話をする
ことになるそうです。
その為、飼い主さんにはペットとの同行避難の準備が必要です

人と同じく、ペットの防災用品も準備しておきましょう。食事や水、
持病がある場合は薬
も忘れずに余分に用意しておいた方が
良いでしょう。首輪(胴輪)、リードも忘れずに犬鑑札や
迷子札
は首輪に付けておいてください。マイクロチップが
入っていると万が一、犬鑑札や迷子札が外れてしまっても
安心です。

『しつけ』も重要になります。
まずは、呼んだら来てもらえないのでは避難することも出来ません。
災害時は特にパニックになり隠れてしまう子もいると思います。
呼んだら来るようにしつけをしたり、家のペットの隠れ場所を
確認しておきましょう。
家族以外の人・犬や猫などの動物に慣れさせることは
もちろんですが、狭いケージに慣れさせることも重要になります。
避難場所では長時間ケージの中で過ごすことになります。
少しでもストレスを軽減させるためにケージに慣れてもらうことが
必要です。

人と同じくペットとも防災訓練するのも良いと思います。
何でもないときでも、呼んでケージに入れることをして
もらうだけでも万が一の時にはスムーズに出来るかも
しれません。もちろん、訓練後にはご褒美をあげて
良いイメージのものにしてあげてください。







スポンサーサイト



[2018/11/25 11:05 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |