fc2ブログ
エキノコックス症
 平成26年4月4日付けで、愛知県半田保健所管内で捕獲した1頭の犬ほ糞便からエキノコックスが検出されました
 
 犬における「エキノコックス症」の発生に伴う注意喚起が獣医師会から連絡が入りましたので、皆様にご報告させていただきます


さて、「エキノコックス症」とは


 この病気は「人」にエキノコックスという寄生虫が主に肝臓に寄生して起こる病気です。主に北海道で見られ、毎年北海道で10から20人程度の患者報告があります


 人の場合、エキノコックスに感染したキツネや犬の糞便により汚染された水や食物などを人が偶発的に飲み込むことにより感染します


 エキノコックスは、人の体の中では主に肝臓や肺に寄生し、重い肝機能障害を引き起こす事があります


 一般的に、症状が現れるのは数年から10数年と言われております


発症すると、病巣を完全に切除する以外に有効な治療法はありません

人から人への感染は無く、適切な予防をすれば人への感染を心配する必要はありません




 犬や猫の場合は、エキノコックスに感染している野ネズミを食べる事により感染します



 エキノコックスに感染しても症状はあまり見られずまれに下痢をしますただし、エキノコックスの虫卵は犬の場合糞便から排泄します猫の場合は糞便における排泄はまれだそうです




犬や猫に感染している場合は、駆虫薬によりエキノコックスの成虫を駆虫することが可能です




飼主様におかれましては、以下の点にお気を付け下さい
①野山に出かけ、帰った時はよく手を洗う事。
②衣服や靴についた泥はよく落とす事。
③沢や川の生水は飲まない事。
④山菜や野菜、果物等はよく洗ってから食べる事。
⑤犬や猫の放し飼いをしない事。



〈詳しくは国立感染症研究所のHPをご参照下さい〉





スポンサーサイト



[2014/04/11 15:46 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
| ホーム |